■成果を出す方法に、正解は無い。

 そこそこの成果だったら、マニュアル通り、聞いた通り、でいけるかもしれない。

 でも、突き抜けた成果を出そうと思ったら、正解を聞いてても出てこない。

 自分で頭回して体験して、紡ぎ出さないと。

 アーティストと同じ。

 ただ逆に、最低限のマニュアル、一般手法は、最初にしっかり見ておくことは重要。

 基礎として必要。

 そこからのプラスアルファが勝負、ということ。

 

■成果を出すことにこだわってきた人たちが、高いスキルを会得してきている。

 スキルを得ようとして取り組むよりも、

 成果を出すための手段としてスキルを会得してきた人の方が、

 そのスキルの理解度、活用度が高い。

 

 

成果にフォーカスしろ。

成果にフォーカスしろ。

 

そのために、

①基礎を吸収しろ、

②さらにそこから、どうすれば成果につながるかを本気で考えて試せ。

③その中で、その成果を出すにあたって、自分をどこに活かせるのか、を捉えろ。

 それが自分の強化スキルの候補だ。

 そこを磨いていけ。